« ルーブル美術館③ | トップページ | 東宝ダンスホール »

突然ですが、マダガスカル①

週末はパリから離れたいと思います。

世界各地を旅する中で、印象に残っている国は沢山ありますが、その一つがマダガスカルです。パリとは全く違う場所ですが、実は長い間フランスの植民地だった国であり、今でもフランス語が準公用語のようによく通じます。マダガスカルは、アフリカ大陸の東に浮かぶ大きな島国ですが、日本から直行便はなく、香港やバンコクなどを経由して行くことになります。でも、ここだけでしか見られないものがいっぱいあり、はるばる旅する価値は十二分にあると思います。

まずはバオバブの並木道。バオバブはボトルのような幹で、上の方だけに枝が付き、葉が繁る印象的な樹木です。サン=テグジュペリの『星の王子様』には、星を埋め尽くしてしまう悪役として登場しますが、モロンダヴァという町の郊外ではこのバオバブが林立していて、まさに物語の世界のようです。何か異次元空間に来てしまったような雰囲気を味わえます。特に素晴らしいのは夕暮れ時。空が夕焼けで赤く燃えて行くと、逆光となったバオバブのシルエットが鮮やかに浮かび上がります。

2006_11190015

|

« ルーブル美術館③ | トップページ | 東宝ダンスホール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/6718979

この記事へのトラックバック一覧です: 突然ですが、マダガスカル①:

« ルーブル美術館③ | トップページ | 東宝ダンスホール »