« アール・ヌーヴォー | トップページ | 美術館巡り »

アール・デコ

アール・ヌーヴォーは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて流行しました。植物をあしらった曲線を多用したデザインの華麗な装飾で一世を風靡しましたが、ある意味装飾過剰ともいえ、次第に飽きられていきます。

その次に出てきたのがアール・デコ。1925年にパリで開かれた万博のテーマが装飾芸術(ART DECORATIF:アール・デコラティフ)だったのですが、そこに出品されていた作品群のデザインが流行したため、この様式がアール・デコと呼ばれるようになりました。

アール・デコはアール・ヌーヴォーと打って変わって、とってもシンプルです。写真はガラス作家ルネ・ラリックの「勝利の女神」という作品です。このように、直線や幾何学模様を多様したシンプルなデザインが特徴です。 ガラスでいえば、アール・ヌーヴォーの作家エミール・ガレの作品はとてもカラフルでしたが、ラリックの作品は透明なものが多く、使っても一色だけです。

パリの街を歩いていると、アール・デコにも遭遇しますが、ドアと外壁をラリック自身がデザインした建物も残されています。ガイドブックに載っていない、こういうものを発見した時の喜びは言葉では言い表せません!

Img_news

|

« アール・ヌーヴォー | トップページ | 美術館巡り »

パリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/6668338

この記事へのトラックバック一覧です: アール・デコ:

« アール・ヌーヴォー | トップページ | 美術館巡り »