« オルセー美術館③ | トップページ | 2週間経過! »

マダガスカル②

先週はバオバブの木をご紹介しましたが、マダガスカルのもう一つのハイライトは、珍しい動物達です。フォール・ドーファンという地方の飛行場から悪路(途中にはカフェもトイレもなく、気持ちのよい青空トイレとなります)を3時間オンボロバスに揺られていくと(でも、途中、竹のようなサボテンなど珍しい植物が見られるので飽きません)、ベレンティ自然保護区に着きます。ロッジ型の宿は、お湯が出なかったりして快適からは程遠いのですが、朝起きてロッジの周りを散策するだけで幸せな気分になります。尻尾が輪の模様になっているワオキツネザルがそこら中を走り回っているのです。

2006_11190066_1ワオキツネザルは群で行動するのですが、季節によっては食料が手に入らず、縄張り争いが激しいです。中でも一番の勝ち組は、ロッジのレストランを押さえた群でしょう。私たちが朝食を食べ終えた後のテーブルの上には、パンくずや残飯が残っていますが、彼らはそれをもらいにやってきます。時には親子で(写真)。

横とび移動をするベローシファカも、べレンティの人気者です。普段は木の上で生活していますが、地表を移動する際は、不器用に横に飛びながら移動していきます。まるで、反復横とびを一方向だけにしていくような感じです。彼らも群で行動していますので、一匹移動した後、待っていれば必ず後に2~3匹続いていきます。見ている誰もが笑顔になるひとときです!

2006_11190053_1 

|

« オルセー美術館③ | トップページ | 2週間経過! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/6809717

この記事へのトラックバック一覧です: マダガスカル②:

« オルセー美術館③ | トップページ | 2週間経過! »