« ロダン美術館 | トップページ | アルザスの青い空 »

サントシャペル礼拝堂

パリで好きな場所。ルーブル、オルセー、ロダン美術館、リュクサンブール公園、シャイヨー宮から見るエッフェル塔、モンマルトルの階段、ムフタール通り・・・ 限りなく思い浮かびますが、その中でも1・2を争うのがサントシャペルです。

Saintechapel_3 ここは、聖王ルイ9世がキリストが被せられた茨の冠を納めるために、13世紀に造った礼拝堂です。シテ島にありますが、マリー・アントワネットが幽閉されたコンシェルジュリーと隣合っている(共通割引券もあります)ので、ぜひ合わせてご見学ください。

さて、ここの素晴らしさは2階のステンドグラスです。柱の存在さえ感じられず、壁一面色ガラスだけでできているんではないかと思わせるほど、見渡す限りのステンドグラスです。ここへ行くなら、晴れた日の午後がお勧めです。太陽光がステンドグラスを通して堂内に降り注ぎ、まるで色とりどりの光の洪水を浴びているような、幻想的な世界に浸れます。

|

« ロダン美術館 | トップページ | アルザスの青い空 »

パリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/7987375

この記事へのトラックバック一覧です: サントシャペル礼拝堂:

« ロダン美術館 | トップページ | アルザスの青い空 »