« 伊豆にあるパリ、ガラス美術館 | トップページ | ヴェルサイユ宮殿 »

イル・ド・フランス

しばらくご無沙汰してしまいました。しかも、最近国内の話題が続いたので、久しぶりにフランスに戻ります。

パリも観光資源の宝庫ですが、パリ近郊にも見所はたくさんあります。パリの周辺地域はイル・ド・フランスと呼ばれています。「イル」とは「島」のこと、つまり「フランスの島々」。セーヌ川やオワーズ川などに囲まれ、町々が島のように点在していることからこうした名前が付けられました。

Dscf1075

電車でパリを少し離れただけで、高層ビルどころか、アパートも姿を消し、一軒家が目立つようになります。また、緑も増えてきます。広大な畑が見えてくると、農業国フランスを実感できます。

そして、こうした中にお城や宮殿があったり、印象派の画家たちが描いた風景があったりします。ヴェルサイユ宮殿、モネの庭園、大聖堂のステンドグラスが有名なシャルトル(写真)、湖に浮かぶような城が印象的なシャンティイ、農村画家ミレーが活躍したバルビゾン、美しいフォンテーヌブロー城など、挙げたらきりがありません。

次回以降、こういった場所を少しずつ紹介していきたいと思います。

|

« 伊豆にあるパリ、ガラス美術館 | トップページ | ヴェルサイユ宮殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/8730213

この記事へのトラックバック一覧です: イル・ド・フランス:

« 伊豆にあるパリ、ガラス美術館 | トップページ | ヴェルサイユ宮殿 »