« シャルトル大聖堂 | トップページ | ジヴェルニーの睡蓮 »

シャルトル大聖堂その2

通常パリからのシャルトル観光は、大聖堂だけ見学して終わりですが、できたら1泊したい街です。

大聖堂のステンドグラスが有名な街だけあって、周囲にはステンドグラスの美術館や工房もあります。

また、シャルトル駅と反対方向に行くと、静かに運河が流れていて、趣のある景観が楽しめます。

Dscf1089 さらに、夏の夜にはあちこちでライトアップが行われます。夏場は日が長いので、夜10時半頃からの開始。ライトアップはフランスの至るところで行われていますが、ここの面白さは、大聖堂や教会の建物をステンドグラスのように多色の光で浮かびあがらせること。大聖堂の正面の壁には、宗教音楽にあわせて浮世絵の色版を重ねていくように少しずつ色が足されて絵が浮かび上がってきます。最後には、シャルトル大聖堂で一番有名な「聖母子のステンドグラス」の絵柄が完成します。

とっても幻想的ですよ。しかも見物人は30人ほどしかいなかったので(2007年5月)、ある意味不気味なくらいでした。

|

« シャルトル大聖堂 | トップページ | ジヴェルニーの睡蓮 »

パリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/9312321

この記事へのトラックバック一覧です: シャルトル大聖堂その2:

« シャルトル大聖堂 | トップページ | ジヴェルニーの睡蓮 »