« シャルトル大聖堂その2 | トップページ | オーヴェル・シュル・オワーズ »

ジヴェルニーの睡蓮

春から夏にパリを訪れるなら、ぜひ近郊のジヴェルニーにも足を延ばしてください。

ここには、画家モネが暮らした家、そして彼が『睡蓮』の絵を描いた庭が残っています。家の中の壁は日本の浮世絵で埋めつくされ、いかに浮世絵がモネをはじめとする印象派に愛されていたかがよくわかります。庭には、もちろん睡蓮の池があり、モネが描いたように空に浮かぶ雲が映っています。Giverny

さて、ここを訪れる前後に、パリでモネの『睡蓮』を鑑賞しましょう。オランジュリー美術館には360度睡蓮を体感できる部屋があるし、モネが様々な年代で描いた睡蓮を見るならマルモッタン美術館がお勧めです。

僕は、ジヴェルニーに行くまで、たいして『睡蓮』が好きではありませんでした。でも、庭を見てから再び絵を見て、強い衝撃を受けました。睡蓮の庭の空気がモネの絵の中に感じられたのです!

|

« シャルトル大聖堂その2 | トップページ | オーヴェル・シュル・オワーズ »

パリ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
昨年中はみなさんのおかげで
本の出版、それに準じてまだローカルではあるけれど
ラジオやTVの出演など夢のような体験をさせていただいた
ほんとに貴重な1年になりました。
ありがとうございました。
これからもわたしなりにがんばって行きます。
どうか今年もよろしくお願い致します。

よいお年を!

投稿: モモ | 2008年1月 1日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/9418537

この記事へのトラックバック一覧です: ジヴェルニーの睡蓮:

« シャルトル大聖堂その2 | トップページ | オーヴェル・シュル・オワーズ »