« パリのオペラ座② | トップページ | 未来と歴史が同居する街、上海 »

2度目の台湾は、歯科の展示会

去年の11月に出張で初めて台湾に行きましたが、また今年も出張してきましたairplane

今回は、歯科関係の展示会です。Ex2008intaiwan

最近、歯科医院で位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡がよく利用されています。患者の歯垢を取って、歯周病菌をテレビ画面に映し出し、先生と患者が一緒になって観察するのです。普通の顕微鏡では、染色しないと菌が鮮明に見えませんが、位相差顕微鏡は染色が不要で、動いている菌が容易に観察できるのです!

展示会では、42インチの大型テレビに顕微鏡からの映像を写しました。かなりインパクトがあったようで、多くの歯科医や歯科器材業者がブースに来てくれました。日本では、関心の高い層はすでに導入済の感がありますが、台湾ではまだこれから伸びていく印象でした。

現地の代理店も決まり、いい出張でしたsmile

|

« パリのオペラ座② | トップページ | 未来と歴史が同居する街、上海 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/26091585

この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の台湾は、歯科の展示会:

« パリのオペラ座② | トップページ | 未来と歴史が同居する街、上海 »