« 未来と歴史が同居する街、上海 | トップページ | 大聖堂のある街、ケルン »

未来と歴史が同居する街、上海②

今日は、上海の古い部分。

Dscf1485 いい意味では、16世紀に造られた庭園が保存されていたり(豫園)、その周囲には昔風の町並みが再現(豫園商場)されていたりするところ。豫園商場は、映画のロケセットのようでもあり、散策するのに楽しい場所です。

もちろん、本当に古い、というか貧しい地域も残っています。

Dscf1519 一方、表面は近代的なのに、ソフト面が垢抜けない部分もあります。その最たるものが新幹線。改札は、出発の10分前にならないと始まりません。すごく混みあうのでなかなか進めず、ホームに到着したらもう出発の2分前でした。慌ててすぐ近くの車両に乗り、自分の指定車両まで移動、と思っていたら、なんと途中で行き止まり。8号車と9号車の間が移動できないようになっていました。目的の車両に行けなかったのは自分だけではありません。他に日本人が2組、西洋人も数組、中国人もいて、係員に怒鳴っていました。すると係員は「席を用意する」と言って歩き始めましたが、結局、食堂車に案内されて終わり。もっと早く改札を開ければいいのに!列車そのものは日本の新幹線のようで快適なのに、もったいない話です。

上海観光トンネルという外灘と浦東をつなぐ乗り物も、一見ディズニーランドのような雰囲気を感じさせますが、スタッフがあまりに無愛想でがっかり。

表面は日本以上に近代的な上海。ソフト面も充実させて欲しいと思いました。

|

« 未来と歴史が同居する街、上海 | トップページ | 大聖堂のある街、ケルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411533/26797756

この記事へのトラックバック一覧です: 未来と歴史が同居する街、上海②:

« 未来と歴史が同居する街、上海 | トップページ | 大聖堂のある街、ケルン »