« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

のんびりできる田舎町ジークブルク

ジークブルクは、ケルンから電車で30分ほどのところにある小さな町です。

取引先の会社に近く、そこの社員から勧められたので、訪問の前にちょっと立ち寄りました。

町の中心に緑に囲まれた丘があり、その頂上に静かな修道院が建っていて、庭のテラスからは、周辺の景色が見下ろせます。Mini_img_0284

丘の麓のマルクト広場は、町の人たちの憩いの場。ここにも白壁の美しい教会があり、また市場が立ったり、カフェが広場に面してテーブルを出しています。

天気が良かったので広場のカフェでコーヒーを飲みましたが、そこにいるだけで時間がゆっくり流れているようで、何ともいえない気持ちよさでした。

ガイドブックにも載っていない小さな町ですが、素敵な時間を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧西ドイツの首都、ボン

ケルンからボンまでは、電車で30分ほど。ケルンと同様、ライン河沿いに開けた街です。Mini_img_0267

ボンは1990年に東西ドイツが統一されるまで、西ドイツの首都でした。ですから「ある程度の規模のある発展した街だろう」と思っていたら、街の中心部は小さな静かな所でした。数時間の滞在でしたから、街の全部を見たわけではありませんが、とても首都だった場所には思えないのどかな街でした。

ボン出身の有名人といえばベートーベン。引越し好きのベートーベンでしたから、彼にちなんだ場所は各地にあるのですが、ここにはベートーベンの生家があります。肖像画や自筆の楽譜、楽器など、当時を感じさせるものが展示されている一方、コンピュータグラフィックスを使ったオペラ『フィデリオ』の鑑賞会など、現代的な部分もありました。Mini_img_0272

(写真は、旧市街の中心とベートーベンの家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大聖堂のある街、ケルン

1年振りに、仕事でケルンに行きました。ケルンには何度も行っていますが、今回は何と10連泊です。仕事の合間に小まめに観光したので、大分ケルン通になりました♪

Mini_img_0295  Mini_img_0245

ですので、ケルン及び周辺の都市について、何回かに分けてご紹介したいと思います。

ケルンと言えば、やはり大聖堂。何度見ても、その迫力には感動させられます。駅を出ると目の前に高く聳えているその存在感、これには圧倒されます。

仕事は国際デンタルショー(歯科器材関係の展示会)に出展するためです。世界最大のデンタルショーで、来場者は10万人を超えます。体育館のような会場が9フロアも使用されました。

来場者も世界中から集まり、今回名刺交換した人だけでも40ケ国以上にもなりました。ヨーロッパは当然ながら、東南アジアやアフリカ、南米などからも来ているのには驚きました! 様々な国の人々と接するだけでも、面白い体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »